委託運営事業

九州を中心とした、スーパーの鮮魚コーナーの委託営業を執り行っております。

スーパーの鮮魚コーナーは競合店との違いを見せるための大きな武器となります。
最近は魚の消費量が減ったと言われますが、日本人は古来から魚を好んで食べてきたという、伝統的な食文化ということには変わりありません。
そのため、日本のスーパーにおける「鮮度」や「品揃え」など、スーパーの鮮魚コーナーに対する要求レベルは高いのです。
つまり、スーパーにとって、鮮魚コーナーとは「競合店との違いを明確にするため」の大きな武器となる重要な部門だと言えます。

CJCGジャパンでは、目利きの出来る仲買の資格を持ったスタッフが、毎日市場から売れる商品を仕入れ、技術レベルの高いスタッフを常備可能な体制を整えております。

水産部門を運営していく上で大きな課題である、仕入先の確保及び従業員の訓練度・技術知識のレベルアップを、弊社ではワンストップ・短期間で提供可能です。